伊東赤沢の家

TETTO CASA

この土地の大きな特徴は何といっても目の前に大きく広がる大海原で、相模湾、大島、新島まで臨める最高に気持ちの良い眺望を誇る土地です。この辺りは他にも別荘地が多く点在しており、観光地でもあるので生活のインフラも整っていて、別荘地といっても非常に生活しやすい地域です。

土地の南側の大半は家庭菜園をされたいとの事と、隣家が眺望を遮る可能性があったので、建物は敷地内で一番高く平坦な箇所に配置する事に。そして眺望を最大限活かす為にLDKは2階に設けました。そうする事により何も遮るものがない広大な抜け感がLDKに生まれました。その2階に薪ストーブも設置し、昼は眺望を楽しみ、夜は少し照明と落として、薪ストーブの火を楽しむという日常をイメージしました。

LDKには奥様のお気に入りの絵を飾るスペースをプレゼンテーションの段階から計画し、この土地は温泉が引き込まれているので、お風呂からも海が見えるようにプランニングしています。

外観は杉板貼りと白のシンプルな構成に。杉板貼りと一体化するように玄関ドアを配置しよりシンプルな印象としています。そして外観にある唯一の窓から見える薪ストーブと煙突が外観のアクセントにもなっています。

 

 

設計監理: アイシーエー・アソシエィツ一級建築士事務所

家族構成 夫婦
構造 木造在来工法2階建て
敷地面積 548.79㎡
建築面積 62.68㎡(18.96坪)
延床面積 115.41㎡(34.91坪)

TETTO CASA をもっと見る

Case category